座敷牢群島

日頃触れ合った様々な文化についての備忘録となっております。

柏原宏紀『明治の技術官僚 近代日本を作った長州五傑』

柏原宏紀『明治の技術官僚 近代日本を作った長州五傑』(中公新書、2018年)
 

 長州五傑という名前はなんとなく聞いたことがあるが、伊藤博文井上馨以外の名前は出てこない。井上勝は聞けばなんとなくわかるのだが、山尾庸三と遠藤謹助については正直名前を聞いてもピンとこなかった。

 幕末期に洋行し専門技術を身につけてきた長州五傑を、身につけた専門性という観点から論じていくのがこの本の特徴である。それゆえに政治家として大活躍した伊藤博文井上馨よりも、専門性に特化していた他の三人に焦点が当てられる。私が名前を知らなかった山尾庸三と遠藤謹助についての貴重な評伝ともなっている。

 彼らの運命を分けたのは政治的資質であると筆者は言う。政治家として振る舞う資質を持っていた二人はうまく政争の場で立ち回ろうとする。しかし他の三人は自らのフィールドで自らの望む施策に取り組むだけであり、いわば技術官僚の走りであったといえるのだ。とはいえこの三人も伊藤や井上馨をうまく活かしながら、技術官僚として他の三人も自らの施策を実現させていたのである。現場の意見を無理やりゴリ押ししていく山尾庸三とその意見をなんとかうまく通そうとする伊藤博文の有り様はまさに専門家と政治家の典型のように思える。

 山尾庸三は工業、井上勝は鉄道、遠藤謹助は造幣で専門知識を生かしていった。彼らは政治家とは徐々に切り離されていく。このような政治家と官僚との切り離しの過程をたどっていけることも面白い。

 とはいえ、彼らの専門性は幕末洋行で学び取ったものであり、それゆえに後発の洋行組にその専門性は追い越されてしまう。技術の発展に技術官僚たちはついていかねばならない。筆者はこの発展を「専門性の階梯」と呼び、技術官僚たちがこの階梯をいかに登っていくかは現代においても課題であると指摘する。

 伝記としての面白さと政治史としての面白さが両立されており非常に面白く、現代につながる予算制度や鉄道網などの基礎が形成されていくさまも伺うことができる良書だった。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー「ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて」展

 「グリッドに魅せられて」というタイトルが示すように、ウィム・クロウエルは「グリッド」を厳密なルールとしてシステマチックにデザインを創造したデザイナーである。コンピューター時代の今でこそグリッドはデザインの基本だが、彼はコンピューター前の時代に厳密にグリッドを追求していた。

 会場で上映されていたインタビューは非常に印象的な内容であった。作品を依頼されたときに彼はまず「ピッチ」としてグリッドを定め、そのなかで「ゲーム」としてデザインを行うという。コミュニケーション手段としてデザインを捉えている彼は中立的なアプローチを最優先としており、自分の感性が介在する「デザイン」は制作過程の最後になってようやく現れるものだと語っている。

 実際に展示された展覧会のポスター類を見ていくと、極めてシンプルで情報が極めてわかりやすく示されていることに気がつく。しかし厳密にグリッドに則ってデザインされていることにもかかわらず、展覧会それぞれの個性も殺されていない。クロウエルはファン・アッベ市立美術館とアムステルダム市立美術館でポスター・図録のデザインをトータルに手がけていた。トータルデザインやグリッドといった現代デザインの基礎となるあり方の魁だったと言えるだろう。

 クロウエルのグリッドシステムはタイポグラフィにも及んでおり、直交グリッドで抽象的に作り上げられたNew Alphabetは不思議な魅力を持っている。New Alphabet製作時のデッサンも展示されており、制作過程を伺えて楽しい。カレンダーや切手、ロゴマークなどクロウエルの多岐にわたる仕事も展示されており、クロウエルの思考が持つ広がりを実感できる。

2018-19POG指名馬

ダービーデーの夜に恒例のPOGドラフト会議を行ったので、備忘録代わりに指名馬一覧を残そうと思います。

 

表ドラフト 10頭(23人×10頭)

1位 プリティカリーナの16 牡

2位 シアトルサンセットの16 牡

3位 サンデースマイルIIの16 牝

4位 タッチIIの16 牡

5位 エピセアロームの16 牝 

6位 ヴェルザンディの16 牡

7位 フリーティングスピリットの16 牡

8位 アーキオロジーの16 牡

9位 ミリオンセラーIIの16 牝

10位 R Heat Lightningの16 牡

 

ほどよく中位で取りそうな馬を並べてしまった感じ。冷静に振り返ると大物感ゼロだし今年も例年のごとく負けそうな気がする。1位とか7位には一発大きいのを期待してます、

 

裏ドラフト(表で指名漏れした馬から指名、12人×10頭)

1位 フレンチリヴィエラの16 牝

2位 ルルパンブルーの16 牡

3位 Her Smileの16 牡

4位 ストーミーウェザーの16 牡

5位 ヒシイサベルの16 牡

6位 アジアンミーティアの16 牡

7位  リープオブフェイスの16 牡

8位 ブルーミングアレーの16 牝

9位 ドリームオブジェニーの16 牝

10位 ヤマカツオーキッドの16 牡

 

漏れてる馬から素直にリスト上位を拾った。なんか表よりいいかも……?

京都国立博物館「池大雅 天衣無縫の旅の画家」

 GW前半に特に予定も無かったので京都まで行って池大雅の回顧展を見ることにした。時期が時期なので混んでいるかなと思ったが、そこまで混雑していなかったので助かった。

f:id:fd0120:20180505113805j:image

 回顧展は85年ぶりだという。確かに同時代の画家に比べると扱いは地味だった気もする……逆に言えば貴重な機会だということだろう。神童と呼ばれた少年期の作品から円熟を迎えた晩年の作品まで代表作の多くが並んでいた。

 池大雅を巡る人々ゆかりの品も展示されていた。彼を見出したのは柳沢淇園であり、高芙蓉や韓天寿は終生の友であった。さらに弟子には木村蒹葭堂もいる。非常に才能豊かな面々に囲まれることで池大雅も才能を発揮したのだろう。高芙蓉の書はやはり素晴らしかった。

 文人画は 池大雅が手本とした大陸の南画や画譜も一緒に展示される。初期作品は線がしっかりとした作品が多い。特に『竹石図』『天産奇葩図巻』などは墨線が非常に力強く印象的である。画譜を参考にしながら徐々に独自の世界を産み出していった過程を感じることができた。

 指に直接墨をつけて絵を描く「指墨画」も多く並んでいた。本来パフォーマンスアートの側面が強いものだというが、池大雅の場合は作品の完成度も高いうえに画風の確立にも一役買っていたという。指で描いていると聞くと大胆で迫力があるように感じるが、むしろ柔らかさと繊細さが同居しているような作品が多い。実際に池大雅が指で大作を完成させる姿を見た人々はどんなに驚いたことだろう……

 円熟味を増してきた池大雅作品には独特の柔らかさがある。柔らかな筆墨、点描、大胆な粗密などの技術によって画面全体に不思議な光を感じることがきる。例えば『漁楽図』は水墨画だが短い線と点によって光あふれる漁村が表現される。解説でも書かれているが印象派へと思いを巡らせる人間は多いだろう。

 池大雅は画家であると同時に書家でもあったという。正直言って書にはあまり親しまないのだが、綺麗な字だなと感じた。『千字文』『天馬賦』などは字にキレを感じて見ていて楽しくなる。また、書と画が一体となって竹林の七賢を描いた『五君咏図』は池大雅らしさがよく出ているように感じた。賢人たちは柔らかに描かれて思わず魅入ってしまう。同じように書画を一体に配した作品には、扇面に瀟湘八景を描き七言絶句を書いた『東山清音帖』がある。この作品は題字と画が絶妙なバランスで配され、ゆったりとした自由な風景が展開する。流石に最晩年の作品である。

 図録は求めやすい値段だがボリューム多め。思わず購入してしまった。

中西進『柿本人麻呂』


中西進柿本人麻呂』(講談社学術文庫、1991年) [単行本 筑摩書房、1970年]

 ある程度古典教育を受けた人であれば柿本人麻呂の名前を知らない人はいないだろう。とはいえ、何故人麻呂の和歌がここまで日本文化のなかで強い意味を持ち続けているのかはなかなかわからない。この本では謎の多い人麻呂の生涯よりも、人麻呂の詩が持つポエティクスに注目している。筆者はこのポエティクスを七つのテーマに章立てして探っていく。
 
 I. 讃仰
 II. 喪失
 III. 鎮魂
 IV. 追憶
 V. 別離
 VI. 孤独
 VII. 旅愁
 

 人麻呂が活躍した持統朝が持っている精神は過去への追憶を呼び起こすものであった。このような追憶の精神と人麻呂個人の資質は特徴的な「現在と交差する過去の意識」を産み出している。筆者は「現実に不在のもの、喪失しているものを歌うのは人麻呂の基本詩性だったのである (p.63)」と述べる。この詩性によって彼は荒れ果てた近江の都に草壁皇子を幻視するのである。

 このような不在への凝視は死者を前にしたときにも発揮される。人麻呂の鎮魂は単に死者を弔うわけではない。筆者は「死者という現実の背中の、故郷という非現実を歌うのが人麻呂であり、故郷喪失の中に鎮魂をなす詩人が人麻呂だったのである。(p.90)」と分析する。さらに、愛を歌うときにも不在が重要となる。愛を高めるものは別離であり、別離は当然愛する人の不在である。このような別離が人麻呂にとっては重要なテーマとなっている。愛するものを欠く嘆き、故郷を離れ嘆息する旅愁といった人麻呂特有のテーマもまた眼の前に無いものを求めようとしている。

 やはり筆者は最終的に人麻呂の詩の強靭さの基礎に不在を位置づける。

 不在なるものを現前において把握するという、この時空の超越に人麻呂詩の強靭な体質があって、何人もこの領域を侵すことができないところに、人麻呂の偉大さがあったのである。(p. 214)

 柿本人麻呂を一人の詩人として捉えて作品に通底するポエティクスに迫っていこうという姿勢はまさに文学研究という感じで大変おもしろく読んだが、古代の詩を現代の考えに当てはめて読んでしまっていることによって生じるむず痒さも否定できない。しかし文学としての万葉集柿本人麻呂を考えるには良い手がかりになった。

森銑三『渡辺崋山』

森銑三渡辺崋山』(中公文庫、1978年)[創元選書、1941年]

 中村真一郎頼山陽とその時代』を読んでから史伝熱が湧いてきたので、かつて古本屋で買って放置していた森銑三の人物評伝を読むことにした。まずは『渡辺崋山』である。2年ほど前に石川淳の同名評伝を読んだが、それよりも抑制のきいた筆致だと言えよう。とはいえ客観的な視座を保ちながらも、著者の渡辺崋山への敬愛が筆から滲み出ている。戦時中に書かれた文章なのだが決してナショナリズムの影は感じさせない。

 著者は渡辺崋山本人だけでなく一族や周辺人物の伝記を丁寧に紐解いていく。僅かな資料も漏らさないようにしながら、小さな事実を積み重ねていこうとする筆者の姿勢には敬服する。『全楽堂日録』や『ありやなしや』などの資料がパッチワークのように引用されている。

 また、著者は残されている日記類を丁寧に整理していく。病に臥せっている崋山、生まれて初めて海に釣りに出る崋山など実際に生きていた渡辺崋山が思い描ける。田原藩の重役として地元の民衆のために奮闘するエピソードはどちらかというと都会派のイメージが合っただけに意外だった。紀伊藩の難破船から流れた荷物を地元民が横領してしまうというなかなか間抜けな事件なのだが、このような俗事でも決して厭うことなく立ち向かったあたりは本当に清廉な人だったのだろう。

姫路市立美術館「連作の小宇宙」

 姫路駅から歩いて15分ほどのところに姫路市立美術館がある。庭園を囲むように建っている赤レンガ造りの建物はもともと陸軍兵器廠だったらしい。

f:id:fd0120:20180413233745j:image

 今回「連作の小宇宙」という連作というあり方に焦点を当てた展覧会が催され、様々な連作を並べて展示している。

f:id:fd0120:20180413233810j:image

 コンセプト自体が薄いので統一性はあまり感じないが、面白い連作が多く見ごたえはあった。

 ピカソの「ヘレナ・ルビンスタインの肖像」は化粧品会社の社長を描いた素描で24枚からなる。写実的な素描もあるが、作品のなかに複数の視点が現れたキュビズム的な構成の素描もある。写実的な素描からキュビズム的な作品が構成されていくようなピカソの実験がわかりやすく示されているようで興味深かった。

 大野麥風「大日本魚類画集」は様々な魚が見事な版画で刷られている。原画を描くために潜水艇にのり、200度も木版を重ねて刷ったという作品は極めて精緻で色鮮やかだ。人が少なかったのでじっくり見ていたのだが、なんだか水族館に来ているような気分にもなった。写実的ではありながら木版特有の柔らかみがあり、構図も図鑑とは違い自由なので飽きが来ない作品になっている。